熱田台地の高地、名古屋城下町の南限に鎮座する。

熱田台地の高地、名古屋城下町の南限に鎮座する。

日置神社

延喜式の「尾張国愛智郡日置神社」にあたる。社名はを司る日置部に由来する。中世、山城国男山より八幡大神を勧請して合祀(京都東山五条北の若宮八幡宮とも)。明治42年10月、隣接の村社神明社を合併、配祀する。

永禄3年5月、織田信長桶狭間へ出陣の途次に本神社へ祈誓、戦勝後に報賽のため神域に松樹千本を植える。これより千本松日置八幡宮と呼ばれる。

明治維新の際、社号を復旧し日置神社とする。明治4年郷社に昇格。同40年12月26日、神饌幣帛料供進神社に指定される。昭和20年3月、戦災を受ける。同33年社殿復興造営完成。

INFOインフォメーション

名称 日置神社
(ヒオキジンジャ)
電話 052-321-5241
住所 〒460-0016 愛知県名古屋市中区橘1丁目3−21 アクセス
営業時間 9:00~17:00
定休日 無し
駐車場 無し
TEL:052-321-5241

PERIPHERAL周辺施設

もっと見る
周辺施設情報
もっと見る